トップページ > よくある質問

よくある質問FAQ

マンション経営について『よくある質問』にお答えします。


  

  

  








マンションを購入し、ご自身が住むのではなくその物件を賃貸することにより、家賃収入を得ることをマンション経営といいます。金融商品の金利低迷や年金不安などを背景に、近年、マンション経営は安定した収入を確保できる投資対象として注目を集めています。


ページトップへ戻る





マンション経営の魅力は、長期にわたって安定した家賃収入が期待できることです。定年退職までにローンを完済しておけば、家賃収入がそのまま収入となり「私的年金」となるので、安心して第二の人生が送れます。


ページトップへ戻る





ローンを組んでマンション経営を始めると、オーナー様は「団体信用生命保険」に加入することになります。
この保険により、万一オーナー様が死亡や高度障害になった場合、残りのローンは保険金で支払われます。
残されたご家族はローンを完済されたマンションを相続できるので、その後も、安定した家賃収入を得ることができます。


ページトップへ戻る





マンション経営をすることで建物設備の減価償却費・ローンの金利・管理費等が必要経費として認められます。これらが不動産所得(家賃収入)を上回る場合、給与所得と「損益通算」して、課税所得が下がることで所得税と住民税が軽減されます。


ページトップへ戻る





マンション経営とは、マンションを購入後、賃貸し、家賃収入を得ることです。当社では入居者の募集から契約、家賃の徴収から退去まで煩わしい業務を全て代行。家賃保証システムもありますので、空室時や家賃滞納に関わらず、毎月安定した家賃収入を得られます。


ページトップへ戻る





すべての物件に、一級建築士による長期修繕計画が組み込まれています。常日頃の点検から定期的な補修まで計画的に行っており、そのほとんどが毎月の積立金でまかなわれています。マンションの資産価値を維持し、オーナー様の大切な資産を守ります。


ページトップへ戻る





当社の提携ローンをご利用いただければ、わずかな自己資金から始められます。当社が提携してますので、お客様が直接金融機関と交渉する必要もありません。ローンの支払いは、毎月の家賃収入で返済すれば月々の負担もほとんどありません。家賃収入を保証するシステムもありますので、確実な返済が可能です。


ページトップへ戻る





個人・法人を含め、将来的にも高い需要が見込める都心部のワンルームマンションとはいえ、絶対に空室にならないとは限りません。当社の「家賃保証システム」は、当社がオーナー様からマンションを直接借り上げて、空室の有無に関わらず毎月の家賃を当社からオーナー様へお支払いするというもの。もちろん保証料はかかりますが、空室の心配はもとより、マンション経営にかかわる手続きをサポートしますので安心です。


ページトップへ戻る





コンクリートの劣化は30年で1センチ程度といわれています。建築基準法上鉄筋コンクリート造の建物は、鉄筋までのコンクリートの厚さは3センチ以上なければいけませんので、理論上ではおおよそ90年ということになります。外壁全面にタイルを貼ることによりコンクリートの劣化を防ぎ、更に定期的な補修により90年以上保つとも言われています。


ページトップへ戻る
Copyright(C) 株式会社セレイブクリエイト All Rights Reserved.